保育士として

ブラック保育園にいた話 15

以前書こうとして断念してしまった「ブラック保育園にいたときの話」を書いています。
20年前の認可保育園での出来事です。

前回のお話はこちら  14
最初から読む場合はこちら   

私の体験を話すことで、多くの人にブラックな保育園があることを知って欲しいと思っています。

もちろん、保育学生さんにも同様に知って欲しいと考えています。
それは不安を煽っているのではありません。
もしも万が一、「ブラックな園に就職してしまった場合は辞めてもいい」ということを知っていて欲しいのです。

耐えて耐えて、心身を疲弊し、保育の道を断つことにならないで欲しいんです。
クリーンで素晴らしい保育園はたくさんあります!
あなたを大事にしてくれる保育園はたくさんあります!
「間違えたんだな!」と思って辞めていいんです。
それは逃げではありません。

戦って、我慢して、耐えて、心身を病んで・・・
その挙げ句、潜在保育士になった私のようにならないで欲しいんです!!

クラス費の話

謎のクラス費

お金に関する驚いたことは、エプロンのこと以外にもありました。
それが「クラス費」です。


前述の通り、この年度はほぼ年長クラスにいたものの、籍は2歳児クラスにあったのでクラス費も2歳児クラスで払うことになりました。

幼稚園時代には当然クラス費なんてなかったので、不思議に思いました。

クラス費は保育室で管理していて、完全にクラス担任だけが把握しているお金でした。

Black15 クラス費の使い道

このクラス費、何に使うのかというと・・・

そうなんです・・・。
クラス費は、クラスの備品や制作などの材料、消耗品などに使われるのです。

そして、このクラス費のシステムは、更にとんでもない落とし穴がありました。

16へつづく>