保育士として

ブラック保育園にいた話 30

以前書こうとして断念してしまった「ブラック保育園にいたときの話」を書いています。
20年前の認可保育園での出来事です。

前回のお話はこちら  29
最初から読む場合はこちら   

*はじめに*

私の体験を話すことで、多くの人にブラックな保育園があることを知って欲しいと思っています。

もちろん、保育学生さんにも同様に知って欲しいと考えています。
それは不安を煽っているのではありません。
もしも万が一、「ブラックな園に就職してしまった場合は辞めてもいい」ということを知っていて欲しいのです。

耐えて耐えて、心身を疲弊し、保育の道を断つことにならないで欲しいんです。
クリーンで素晴らしい保育園はたくさんあります!
あなたを大事にしてくれる保育園はたくさんあります!
「間違えたんだな!」と思って辞めていいんです。
それは逃げではありません。

戦って、我慢して、耐えて、心身を病んで・・・
その挙げ句、潜在保育士になった私のようにならないで欲しいんです!!

続・延長保育での話

すーちゃんの話④


いつもにこにこ元気で明るかったすーちゃんが・・・

担任保育士から離れられなくなり、

些細なことでめそめそと泣くようになり、
そして夕方延長保育が始まる頃、

大泣きするのです。

抱っこで過ごす延長保育。
すーちゃんはとても不安定になってしまいました。

すーちゃんの様子は、保護者と担任間で伝え合っているようでしたが・・・

この方は、相変わらずでした。

そんな様子をいつも無表情で見ているすーちゃんのお母さんでしたが・・・

ある日のこと・・・。

31へつづく>

すーちゃんの話、きっと読んでいて辛いですよね。
ごめんなさい。
でもブラック保育園では、子どもの涙も流れていたことを書いておかなければと思っています・・・。