保育士として

ブラック保育園にいた話 28

以前書こうとして断念してしまった「ブラック保育園にいたときの話」を書いています。
20年前の認可保育園での出来事です。

前回のお話はこちら  27
最初から読む場合はこちら   

*はじめに*

私の体験を話すことで、多くの人にブラックな保育園があることを知って欲しいと思っています。

もちろん、保育学生さんにも同様に知って欲しいと考えています。
それは不安を煽っているのではありません。
もしも万が一、「ブラックな園に就職してしまった場合は辞めてもいい」ということを知っていて欲しいのです。

耐えて耐えて、心身を疲弊し、保育の道を断つことにならないで欲しいんです。
クリーンで素晴らしい保育園はたくさんあります!
あなたを大事にしてくれる保育園はたくさんあります!
「間違えたんだな!」と思って辞めていいんです。
それは逃げではありません。

戦って、我慢して、耐えて、心身を病んで・・・
その挙げ句、潜在保育士になった私のようにならないで欲しいんです!!

続・延長保育での話

すーちゃんの話②

すーちゃんは2歳児クラスに入園した女の子でした。

元気で明るく、お喋りで利発なすーちゃんは、
お母さんの勤め先が遠かった関係で・・・

希望お迎え時間が19時!
すーちゃんのお母さんは入園時の面接(入園決定後にある)で、

そんな風に話していたそうです。

「お迎えが18時半を過ぎると困ります!」とは言えるはずがありません。
(延長保育を実施している園ですからね。)

なので19時までの預かりとなりました。

延長保育のお友達は大抵18時半には帰ることが多かったので、
すーちゃんはそこから一人になります。
でも、お友達がみんな帰っても・・・
そして、大したおもちゃを出してあげられなくても・・・

機嫌良く保育士と過ごせるすーちゃん。
すーちゃんのお母さんは、いつも急いでお迎えに来てくれました。
急いでお迎えに来てることが伝わるんです。

それでもお迎えは、19時ギリギリ・・・
そんな日が続くと・・・


ついに理事長が収まらなくなったのです・・・。

29へつづく>