保育学生さんへ

ピアノの単位ギリギリの私が「ピアノ上手な先生」に変貌したわけ4

前ブログの人気記事を大幅リライトしています♪
前回のお話はこちら 
最初から読む場合はこちら

◇ はじめに ◇

「ピアノが弾けないと保育士にはなれないんですよね?」
と聞かれる程、保育士とピアノの結び付きは深いと思われています。

うめ先生の個別相談でも
「ピアノ弾けないので保育士は諦めるべきですか?」
「ピアノが上達せず、辛いです。」
というピアノに関連したご相談は多いのです。

でもそんなあなたに朗報です!

私自身、決してピアノの得意な学生ではありませんでした。
保育科のピアノの授業は落第ギリギリで、担当講師の先生のご自宅にまで呼ばれて補講レッスンをされた程…。

そんな私も保育士(幼稚園教諭)にはなれましたし、ついでに言うと在職中は卒園式などの大切な行事でピアノを任されるくらい「ピアノの上手な先生」になれたのです。

一体どうして、どうやって、そこまで上達することができたのか。
このシリーズが、ピアノに悩むみなさんのヒントになったら幸いです。
(ピアノの得意な先生は、これをヒントにピアノ苦手な先生を導いてあげてくださいね♪)

ピアノとの出会い④

母と先生のバトル

「くつがなる」を弾けないまま迎えたレッスンでしたが

先生は優しく教えてくれました。

レッスンが終わると、

先生は毎回そう尋ねます。

「何か言ってた?」

この質問は子どもなりに悩みました。

悩んでいることを察したように先生が、

こう言ったので、私は話すことにしました。
練習の時に母が言っていた言葉を。
(一度ではなく何度も言われていたので・・・)

その日の夜のことです。
先生が家に訪ねて来ました。

階段の上から、そっと玄関を覗くと…

大きな声で言い争う、母と先生の姿が…。

先生が帰ると、

母は私に告げました。

5へつづく>

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です