保育士として

ブラック保育園にいた話 3(追記有り)

以前書こうとして断念してしまった「ブラック保育園にいたときの話」を書いています。
ブラック保育園の撲滅を願って!

前回までのお話はこちら 

これから保育の道に進むあなたへ
夢壊れたし、怖いから「保育士なるのやーめた!」なんてどうか思わないでね。
そんな園ばかりではないし、もしももしも万が一そんな園に出会った時は逃げたらいいんだから。(戦ってもいいしね)
保育園で働く人は細菌検査があります!

調理や調乳をする人(調理室や調乳室に入る人)は特別な細菌検査をするという話を前回しました。そして当時は、調理や調乳をしない普通の職員も保育園で働く為には細菌検査の必要がありました。(今は地方自治体や施設によって違いがあるようです。)

追記 
この話は約20年前の認可保育園のお話です。
時、場所(自治体)、施設の種類(小規模とか企業主導型とか認可外とかね)が違えば事情は異なります。流石に下記のようなことはどこもダメですが、細菌検査の要否については各自治体でご確認下さいね。

Black2 ありえない!う○○の貸し借り

そんなわけで当時は保育園で働く人みんな細菌検査が必要でした。
(実習生にもしてもらいます!)
その園では、細菌検査の検体(いわゆる検便)の提出日はいつも1日だけでした。

女性は結構お通じの悩みを抱えている人が多いと思うのです。
私も深刻に悩んではいないものの「この日に提出!」と言われると自信がなく、「え!どうしようどうしよう、提出できなかったらどうしよう!!!」と大騒ぎしていました。そんな私を見かねたのかベテラン臨時職員(保育園でいう契約社員みたいな感じで若手の正規職員より強かったんです。)が声を掛けてくれました。


何を提案してくれたのか訳がわかりませんでした。笑
その言葉を皮切りに・・・
・・・・・・・そうなんです。
この園では検体の貸し借りが横行していたんです。
この事実を上の先生方が把握していたのかどうかはわかりません。。。。

クリーンな保育園の細菌検査

転職先の保育園はとてもクリーンでした。

クリーンな保育園の細菌検査は、検体の提出日に幅がありました。
1週間〜10日くらいあったでしょうか。
「そんなこと可能なんだ!!!!」と私は本気で感動したものです。


もしその期間に提出できなかったとしても、後日自分で検査センターに検体を持参すればOKでした。私は何度か自分で持参したことがありますが、それで怒られることもなかったです。
(ブラック園では怒られるので、そんな横行に出るようになったのかもしれませんね・・・。知らんけど)

今の心の声


こんなに書いて大丈夫なんでしょうかね。。。怖いですね。笑

少しフォローすると、これは私が社会人2年目の頃なので約20年前の出来事です。
まだその園で働いている後輩(よく続いてるよ、ほんと)によると、今は施設長が変わり、クリーンなんだそうです。よ。

怖いと言っといてなんですが・・・
まだまだあります、ブラックな保育園のブラックネタ。
書き始めたからにはとことん書くつもりです〜。

へつづく>

ちなみに

最近フォローして下さったあなた!
ありがとうございます。好き!

私の絵の描き分けをお伝えしておきます〜♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。