育児のこと

シングルマザーがコロナ陽性になりまして… 【完】

最初から読む方はこちら
前回のお話はこちら 10

コロナになって

コロナになって良かった3つのこと

コロナの罹患はとにかく大変でした。
大変だったからこそ、あえて考えたんです。
なって良かったと思えることは何だろう…と。

身近な方がコロナに罹患したら…

物事には何かしら意味がある、
このことは私にとってどんな意味があるんだろう…

人生において大変なことに直面した時、
私はいつもそんな風に
物事の良い面や、そこから得た学びを考えるようにしています。

こういうことはあくまで、
自分の中での気づきであって
他人が「大変だろうけどこの点良かったじゃん!」
安易に言っていいものではないのです。

私はこう考えてこの点良かった!とイラストにしていますが
それは、私がこのことを乗り切る為に考えただけのことなのです。

どうか身近な方がコロナに罹患したときに
「でもおかげで子どもとたくさん過ごせていいね!」
「でもおかげで痩せたんじゃない?」
「でもおかげで人付き合いに学びがあったでしょ?」
なーーーーーーんて
どうぞ言わないでいて下さい。

身近な方がコロナに罹患したときは
ただ心を寄り添い
回復を祈りましょう。

こんなことはわざわざ
お伝えするまでもないこととは思いますが、
闘病する人への関わりはセンシティブです。
(コロナは急変や重症化もある、命をなくすこともある病気なのでね、)
だからこそ、念のためにお伝えさせて頂きました。

コロナに罹患して、今、辛いあなたへ

もしあなたがコロナに罹患して
完治しても後遺症が出たり
経済的に苦しくなったり
辛くてたまらないと感じたときは

このことは私にとってどんな意味があるんだろう…

そんな風に考えてみることをおすすめします。
ほんの少し辛さから抜け出す道が見えるかもしれません。

私が苦難を乗り切ってきた方法です。

おわりに


チラッと描いているんですが…
陽性告知を受けたとき
身近な人たちへも(いや身近だからこそ?)
報告を一瞬、躊躇したんですよね。

発症前後に会った人はいないんですけど
「最後に会ったのいつだっけ?」
「わ!最近会ってなくて良かった…」
そんな風に思われたらどうしよう、という不安。

陽性でした…
先生の小声の気遣いが、
(あ、そうか今近くに立っている人たちに知られたらいけないよね。移されたらどうしようって思われちゃうもんね…)
心の中にじっとりと生まれた卑屈に近い感情。

体調が極限に悪いときだから
余計に心も後ろ向き。

そんな心境だったので、
正直描くことは怖かったんです。

でも描き出したら
たくさんのたくさんの心配や励まし、そして
「描いてくれてありがとう!助かったよ!」
の声が届きました。

そこからはもう夢中で(笑)
長くフォローして下さっている方はご存知でしょう!
毎日欠かさず投稿したのは久しぶりです。

体はとてもしんどくて、
次男が寝ている隙にしか描けなくて、
でも夜はしんどいから早く眠っちゃうし…
という中でも毎日描けました!!!

今、読んでくれているあなたのおかげです!
ありがとうございます。

次男は今後発症せずにいられるのか?
後遺症の具合は?
…描こうと思えばまだ描けるのですが、
それはまた必要性があればお伝えすることにして
一旦コロナシリーズを終わりにしたいと思います。

そうそう、
「私の体験談もシェアしていいよ!」という
ありがたいDMもたくさん来ているのですが…
まとめるのに時間を要しそうです。
もしよろしければ、
この記事下のコメント欄か、Instagramのコメント欄に残して頂けると
私も、読んでくれている方も、助かります。
よろしくお願い致します。

ということで、
読んで下さって本当にありがとうございました。

シングルマザーがコロナ陽性になりまして… おしまい

P・S
まだまだお伝えしたいことがあります。
何卒引き続きのフォローをよろしくお願い致します☆

POSTED COMMENT

  1. エクレア より:

    うめ先生、コロナ体験談全て読ませていただきました。辛かったですね。本当にしんどくて大変な中、毎日記録し続けてイラスト入りで詳細に描いてくださり、ありがとうございます!ニュースではわからない、罹患した人しかわからない細かいところまですごく伝わりました。次男くんを徹底して守りつつ厳しい困難を乗り越えたうめ先生は素晴らしいです。私も東京ですし、保育園で働いているので、子どもたちとは濃厚接触です。改めて感染対策を徹底して、外出を自粛する生活をしなきゃと思いました。
    次男くん、復帰したら新クラスに早く慣れて楽しく保育園生活も送れるようお祈りしています。

    • kokorozashi-raku より:

      ありがとうございます!
      子どもたちと接触する保育の仕事もまた危険と隣り合わせですよね。
      (子どもって距離近いですしね)
      移されるのも怖いけど移すことも怖い…、神経も使いますね。
      感染対策も大切ですが、心身の休息もどうぞ大切になさって下さいね。
      あたたかいお言葉、ありがとうございました!
      (描いて良かったって思えました。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です